STAFF TALK #002

もみの樹・杉並

チームワークが大事。大変なこともあるけれど、
スタッフ同士で支え合っている職場です。

ホーム > 採用情報 > スタッフ対談 > #002 もみの樹・杉並

STAFF PROFILE

富永 有紀

生活サービスグループ
2013年入社

富永 有紀(とみなが ゆき)

取得資格
理学療法士、ピラティスインストラクター

clear
市川 理恵

生活サービスグループ
2012年入社

市川 理恵(いちかわ りえ)

取得資格
介護福祉士、介護支援専門員(ケアマネジャー)

座右の銘
なるようになる

プライベートと仕事の両立が可能

01

もみの樹・杉並に入社を決めたのは、何故ですか?

市川 理恵

ここなら個別対応ができてお一人おひとりとしっかりと向き合えそう、というのが一番の理由でした。

富永 有紀

私は以前、整形外科クリニックに3年ほど勤務していましたが、外来勤務だったので、もっと生活、暮らしに根付いた場で働きたかったのが一番大きな理由です。プラス、週末に休め、有休をしっかり取れること、アフター6を確保できることも条件として魅力でした。ピラティスインストラクターの資格は、入社してから取得したのですが、そうしたプライベートの時間を保てたからこそ、取得できたと思っています。

確かに、家庭やプライベートとの両立も大切にしたいことですよね。
市川 理恵

家庭との両立という面では、男性でも育休をとっているスタッフがいるほどで、福利厚生もしっかりしている分、プライベートも仕事も自己実現しやすい職場で、恵まれていますよ。

富永 有紀

こんな言い方もなんですが、お給料にも満足しています(笑)。

いえいえ、勤務体制やお給料は大事なポイントですから。
市川 理恵

心のゆとりに繋がりますからね。スタッフ自身の充実は、ご入居者へのサービス向上にも繋がります。すり減っていては、ご入居者へ細心の配慮ができませんし、心の底から笑顔や元気を届けられませんから。更には、プライベートの充実は、スタッフの個性といった形にもなっていきます。私はフロアリーダーを務めながら、そんなスタッフの個性を発揮できるフロアづくりを心掛けています。

スタッフの得意なことが、個性になる

02

スタッフの個性を発揮、とは具体的にどんなことがありますか?

市川 理恵

例えば園芸や工作、お菓子作りやマッサージなど、スタッフそれぞれの得意なことを、ご入居者の日々の生活の彩りやイベントで発揮してもらえるように工夫をしています。

富永 有紀

基本的な業務にプラスされるこうした個性を発揮できる交流は、もみの樹・杉並の明るい空気作りにも役立っていると思います。実は私は、もともとは人見知りだったんです。入社したばかりの頃は、自分のできないことにばかり目がいってしまっていましたし。それを乗り越えられたことのきっかけの一つに、季節の行事への参加があげられます。基本業務以外のことですが、行事を通じて交流することで仲間として受け入れてもらえ、自分のポジションを確立できた面があると思うんです。今では、自分自身が楽しいから、積極的に参加したいという気持ちです。

市川 理恵

ともに作り上げようという気持ちから、チームワークが生まれますしね。チームワークといえば、スタッフ同士のサンクスカードというのがあるんですよ。こんなフォローをしておいてくれてありがとう、など、スタッフ同士でも感謝の気持ちを伝え合っていて、働いていて気持ちがいいですね。

チームワークでお互いを補い合う

03

ここに入社したからこそ身に付いたスキルや大切だなと気付いたことはありますか?

富永 有紀

聴くための姿勢、伝えるための声がけですね。それはご入居者との間柄でもそうですし、スタッフ同士でも大切です。職種の違うスタッフの方とも、誠実にコミュニケーションをとるようにしています。

市川 理恵

私はチームワークですね。何事も一人でやるのではない職場です。さきほど個性を発揮と言いましたが、そのベースには協調性が欠かせません。自己主張だけでなく受け入れる寛容さも大切です。また、チームワーク力が上がると、人間関係の風通しもよくなり、業務の無駄をなくすこともできますしね。

富永 有紀

ピラティスの資格は、ご入居者にだけでなく、介護に携わる方たちの心身の健康に貢献できる場を作りたいという考えもあって取得したんです。大変なこともあるけれど、スタッフ同士で互いに支え合えたらいいなと。

市川 理恵

仕事には向き、不向きがあって、それは変えられないものでもあります。でも、不向きや苦手なことは、お互いを認め、補い合い、チームワークで乗り切れることもあります。どんな経験も生かせる職場ですから、ぜひ挑戦してみてください。私も舞台照明という、まったく畑の違った職場からスタートしていつの間にか、ヘルパー、介護福祉士となり、今ではフロアリーダーを務めているんですから(笑)。

ENTRYエントリーはこちら