STAFF TALK #005

ネオ・サミット 茅ヶ崎

あらゆる面で、大和ハウスグループの一員として
誇りをもって仕事に取り組める環境。

ホーム > 採用情報 > スタッフ対談 > #005 ネオ・サミット 茅ヶ崎

STAFF PROFILE

忍 佳奈恵

生活サービス課(介護職員)
2016年入社

忍 佳奈恵(おし かなえ)

取得資格
介護福祉士

座右の銘
笑う門には福来る

clear
金子 治江

総務課フロント
2014年入社

金子 治江(かねこ はるえ)

取得資格
介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)

座右の銘
実るほど頭を垂れる稲穂かな

clear
中村 良一

生活サービス課
2015年入社

中村 良一(なかむら りょういち)

取得資格
理学療法士

座右の銘
とりあえずやる

ご入居者にもスタッフにも役立つ、最先端のロボット介護機器を導入

01

ネオ・サミット茅ヶ崎で働くにあたり、大和ハウスグループの一員であるという実感はありますか?

金子 治江

この業界は、大きな会社から小さなところまでさまざまですが、ここでは社会保険をはじめとする福利厚生がしっかりしていますので安心して働けます。介護・看護スタッフの方は、処遇改善手当がありますので、これも安心へと繋がっていると思います。

中村 良一

グループとして、ロボット介護機器導入の推進など、新しいものをいち早く取り入れる姿勢があるので、最先端技術を取り入れた介護ができるという面で、大和ハウスグループの施設で働いているんだなぁと感じますね。入社を決めた理由も、こうした未経験の分野にも関われると思ったからです。

忍 佳奈恵

ほかにも、見守りシステムの導入、センサーやスマートフォンを利用したワークフローなど、新しい制度や設備の導入で効率的な介護を行えています。具体的には、例えば認知症の方のトイレの時間予測などに無駄が減りました。

中村 良一

ロボット介護機器も、大和ハウスグループのロボット事業による製品があるんですよ。スタッフが介護にあたる際の腰痛予防に役立つロボットスーツや、ご入居者に癒し効果としてアプローチするアザラシ型ロボットなど、多岐に渡ります。

誇りをもって仕事に取り組める環境

金子 治江

あらゆる面で、グループの一員として誇りをもって働けるので、接客業としてのマナーや言葉遣いも、接していても恥ずかしくないようにしたいと思っています。

忍 佳奈恵

私はまだ入社1年5カ月ですが、接遇などはここで多くを学ばせていただきました。スタッフの誰もが、ご入居者とすれ違うとき、必ず足をとめてあいさつをするんですよ。

簡単なようでいて、難しいことですよね。皆さんが誇りをもって丁寧に仕事に取り組んでいらっしゃる様子が伝わります。
金子 治江

館内の掃除も隅々まで行き届いていますよ。フロントとして見学の方の応対させていただいておりますが、第一声が「きれいにされていますね」とお声をいただくことが多いです。そのときも、とても誇らしく感じます。自信をもって仕事をしていると、それはご入居者にも信頼していただけることに繋がっていくとも思います。

忍 佳奈恵

生活の場ですから、そういうささやかなことの積み重ねがとても重要で、そのおかげでスタッフ同士もとても仲がいいのも自慢です。

中村 良一

私はスタッフへの指導や研修なども業務の一環ですが、スタッフ同士が和やかなのでとてもやりやすいですね。そもそも私は、機能訓練指導員としてここでは唯一のスタッフですから、自分から積極的に介護スタッフや看護スタッフと交流していかないといけないんですが、部署を超えて仲がよいので助かっています。

グループ会社としての心強いネットワーク

02

お一人だと負担は大きくありませんか?

中村 良一

機能訓練指導員は、一般的に1ホームに1名ということが多いのですが、ここではほかの館で働く同じ職種のスタッフとも交流、情報交換ができるので、心強いです。これも大和ハウスグループの安心ということに繋がりますね。

金子 治江

どの部署にいても、ほかの館のスタッフの方たちとの交流は、悩みを相談したり、業務向上のヒントを得たりできて、とても貴重です。

忍 佳奈恵

私は、これからは認知症についてもっと深く学びたいと思っていますが、定期研修や職種別研修など、社内にもさまざまなプログラムがあるので役立っています。

03

これからも長く続けられる職場だと思いますか?

中村 良一

自分の経験が増えれば増えるほど、ご入居者やスタッフに役立てる知識を身に付けられると思うので、長く続けていきたいという意気込みはあります。

金子 治江

前任のフロントの方は私よりご年配の方でしたから、私も長く働きたいです。言葉の力はすごいです。言葉で人を笑顔にできるのだということもここで学びました。これからも言葉を大切にして、フロントとして努めたいです。

忍 佳奈恵

長年この仕事をしてきて若いころのような体力が自分にもなくなってきているんですが、シフトの調整や今後のことも上司に気軽に相談できています。それも会社にゆとりがあるからこそかもしれません。今日は夜勤明けでちょっと疲れた顔をしているかもしれませんが、これからも続けていきたい仕事です。ロボット介護機器にも期待です。

中村 良一

あとで、腰に利くストレッチ教えてあげるね(笑)。

ENTRYエントリーはこちら